身の回りのお金に関すること

任意整理とは

任意整理というのは裁判所などの公的機関を利用せずに裁判外でサラ金業者と交渉をし、利息・損害金・毎月の支払額の減免をしてもらって、負債を圧縮する手続のことです。サラ金業者は債務者本人が任意整理の交渉をしようとしても応じてくれないのがほとんどですし、サラ金業者は相当に厳しい交渉相手ですから、両親や親戚などの身内に借金の任意整理を頼むのではなく、必ず弁護士・司法書士に依頼しましょう。この任意整理についてですが、債務者が弁護士・司法書士に任意整理を依頼するときは、すべての借金を打ち明けることが重要になり、そして、通常弁護士・司法書士は利息制限法に基づいて債務額を確定し、債務者の収入の中から3年間(場合によっては5年程度)で返済できる見込みがあれば任意整理を選択することとなります。しかし、あまりにも長期間にわたる返済計画では業者もなかなか任意整理に応じてくれないのが現状です。そのため、当日に無計画だと借金となってしまいますので気をつけましょう。さらに無計画だと過払いをしてしまいます。過払い請求をしてしまえばいいのかもしれませんが、出来ればキッチリとしたい物です。

 

多くのサラ金業者は利息制限法を越える金利でお金を貸しているのがほとんどです。弁護士・司法書士が任意整理の依頼を受けるとサラ金業者に受任通知書を送り、今までの取引履歴を取り寄せて、利息制限法に基づいて引き直し計算をするのですが、だいたい2〜3割は債務が減りことが多いのです。また、サラ金業者との取引期間が5年以上になってくると債務がなくなることもあり、過払金(債務者が払いすぎたお金)が発生している場合もあります。過払金額が大きくなると任意整理をした結果、借金がなくなり逆にサラ金業者からお金を取り戻せる場合もあるほどなのです。

 

任意整理をするメリットとしては、裁判所に行く必要がない、利息などの債務額の減額が可能、和解契約が強制執行をされる書面(債務名義)にならない。といったものが挙げられます。また、任意整理では過払い金があれば回収できるという可能性もあり、貸金業者業者との取引期間が5年以上になってくると債務がなくなる場合もあり、過払い金(債務者が払いすぎたお金)が発生している場合があります。過払い金額が大きいと任意整理をした結果、借金がなくなり逆に貸金業者からお金を取り戻すことができる場合もあるのです。任意整理のこういった面を知らずに、債務者が返済できず苦悩して自殺してしまった後、実は借金は返済済みで過払い金があったということがよくあります。しかし、良いことばかりという訳ではなく、信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)として登録されるので、5年から7年間はローンやクレジットが組めなくなりますし、他の債務整理方法(自己破産、民事再生)に比べて、借金の減額が少ないのが通常となります。また、任意整理は、あくまでも貸金業者との合意が必要なので、うまく示談(和解)が成立するとはかぎらないのです。

 

任意整理の手続費用については、一社について大体2万円から5万円程度となります。また、過払い金返還請求を行うような場合は、別途弁護士費用が必要になります。任意整理を弁護士・司法書士に依頼する場合はどうしても費用がかかります。費用が捻出できない場合は特定調停で解決できないか検討してみるとよいでしょう。何度も書きますが、弁護士・司法書士に依頼する場合に重要なことは、すべての借金を話すことです。隠していてはいけません。一部の借金だけを整理しても、残った借金があると結局は返済が行き詰まる恐れがありますし、それが原因で、再び多額の借金を負う可能性も大いにあるからです。

pickup

ノベルティグッズの製作
http://www.mono-labo.com/
藤沢 外構
http://www.a-and-g.jp/
広島の結婚相談所
http://tomorrowclub.co.jp/
大阪のエアコンクリーニング
http://www.rakuten.co.jp/live-up/
社会人サークル 千葉
http://www.ist-community.com/

Last update:2016/6/29